社会が
真にクリエイティブな
成果と活力を
生み出していくために。

一般社団法人「計画・交通研究会」は、1974年に東京大学工学部土木工学科(当時)の八十島義之助先生の主唱によって設立された組織で、国土やインフラに関わる個人や企業等の集合体です。設立以来40年以上にわたり、美しく安全・健康で豊かな暮らしをもたらす国土の保全やインフラの整備・運営、それを実現するための政策立案・制度設計・技術開発などを目指して、調査・研究、会員相互の啓発、社会への発信の場として機能しています。

お知らせ

2022年度第4回イブニングセミナー「次代への国土造りプロジェクト構想を議論する」(再掲)

イブニングセミナー
趣旨
人口減少や高齢化の急速な進展、災害の激甚化・頻発化、経済の停滞など、国土を巡る状況は厳しさを増している中、将来の社会経済の発展基盤を形成し、豊かな国民生活を実現するためのインフラ整備を構想し、事業化していくことが求められています。
今回のイブニングセミナーでは、日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)が本年3月に公表した「国土造りプロジェクト構想」の重点プロジェクトについてご紹介いただくとともに、プロジェクトを具体化していく上での課題として、1)地域における機運醸成から合意形成へ向けた取り組み、2)事業スキームの構築とファイナンスに焦点を当てて、実務経験が豊富な方々をパネリストにお招きして討論を行います。
将来の世代により良い国土を遺すインフラプロジェクトについて、いま私たちができることは何かを議論する機会にしたいと考えています。
日時
2022年12月6日(火)18:00~19:30
形式
オンラインセミナー(ZOOMウェビナー)
ZOOMに接続できない方のためにYouTube配信を予定しております。
挨拶
中村 英夫氏 東京都市大学名誉総長、(一社)日本プロジェクト産業協議会副会長、(一社)計画・交通研究会第2代会長
講演
「未来を拓く『国土造りプロジェクト構想』~JAPICからの提言とその背景」研究会活動の経緯
1) 研究会活動の経緯 
丸川 裕之 氏 (一社)日本プロジェクト産業協議会専務理事
2) プロジェクトの概要(津軽海峡トンネル、外濠地区再生、中川運河水辺地区再生、四国新幹線、本州九州道路、沖縄本島ツインゲートウェイ)
各プロジェクトのチームリーダー
パネルディスカッション
コーディネーター
寺村 隆男氏 (一社)計画・交通研究会企画委員、清水建設(株)エンジニアリング事業本部担当部長
パネリスト
池田 周平氏 (株)みずほ銀行プロジェクトファイナンス営業部長
栗田 悟 氏 (一社)北海道建設業協会副会長
丸川 裕之氏 (一社)日本プロジェクト産業協議会専務理事
コメンテーター
藤本 貴也氏 (一社)日本プロジェクト産業協議会国土未来プロジェクト研究会委員長

…続きを見る

2022年度秋の見学会「復帰50周年を踏まえて、沖縄の将来を考える」

秋の見学会

当会では2022年度より新たに「地域問題小研究会」を立ち上げました。
今年度の秋の見学会は、この小研究会の活動の一環として、復帰50周年を迎えた沖縄で見学会を開催します。
沖縄の交通を担う高速道路や JAPIC(日本プロジェクト産業協議会)が提言するプロジェクト「沖縄本島ツイ
ンゲートウェイ構想」予定地などを視察するほか、セミナー(あるいはミニ講演会)等も開催し、国土全体の
活性化に資する沖縄の県土構造・インフラの在り方や地域の活性化などについて、関係者と参加者による議論
の場を設ける予定です。
新型コロナウィルス対策の徹底上、定員枠が例年よりも少なくなりますが、皆さま奮ってご参加ください。

 

見学先
那覇空港自動車道、駐留軍用地、名護市内の開発動向等の現地視察、本部港、伊江島、那覇市内など
セミナー
ミニ講演会等を予定
日程
2022年11月9日(水)~10日(木)1泊2日
集合:11月9日(水)13時 那覇空港到着ロビー
(参考 ANA995便 羽田発9時25分→那覇着12時20分)
宿泊:那覇市内ホテル(宿泊地域は変更の可能性あり)
解散:11月10日(木)18時45分那覇空港
*翌日の学会参加の方は19時10分那覇県庁前
(参考 ANA1096便 那覇発20時→羽田着22時20分)
*詳細な行程は後日、参加者にメールでお知らせします。

…続きを見る

2022年度第4回イブニングセミナー

イブニングセミナー
第4回  次世代につなぐ国土造りプロジェクトを議論する(仮)

 

人口減少や高齢化の急速な進展、災害の激甚化・頻発化、経済の停滞など、国土を巡る状況は厳しさを増す中、将来の社会経済の発展基盤を形成し、豊かな国民生活を実現するインフラ整備が求められている。
今回のイブニングセミナーでは、JAPIC(日本プロジェクト産業協議会)が本年3月に公表した「国土造りプロジェクト構想」の重点12プロジェクトの提言を題材として、次世代につなぐインフラプロジェクトを具体化していくための課題と方策について議論します。

日時
2022年12月上旬の夕方
形式
検討中
詳細が決まりましたら、当会HP、メールでお知らせします。

2022年度秋の見学会

秋の見学会

2022年度より新たに「地域問題小研究会」を立ち上げました。第一弾として沖縄で見学会とセミナーを開催します。JAPIC(日本プロジェクト産業協議会)が提言するプロジェクト予定地も視察します。詳細な募集案内は後日当会HP、メールでお知らせします。

 

見学先
那覇市内、伊江島など
日程
2022年11月9日(水)~10日(木) 1泊2日
行程
集合、解散:那覇空港
宿泊:那覇市内ホテル
募集人数
20~30名程度

*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ワクチン接種等の参加要件を設けます。
*今後の社会情勢により時期・内容に変更の可能性があります。

2022年度第3回イブニングセミナー「都市を木質化する」

イブニングセミナー
趣旨
2020年10月の 「2050年カーボンニュートラル宣言」 にて2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることを目標と掲げられました。これを達成するために各分野で取組みが加速しており、建設業界も例外ではありません。現在進められているカーボンニュートラルへの取組みの中で、 「ウッド・チェンジ」 とは国土の3分の2を森林が占める日本において、木材利用の意義を広め、国産材の活用を促す国家的なプロジェクトです。建築物を木造化・木質化する、身の周りのモノを木に変える、暮らしに木を取り入れる、といった木の利用を通じて持続可能な社会へチェンジする、ウッド・チェンジはその変革を促す行動指針に位置づけられています。
建築の分野では機能性や快適性、安全性を担保しながら、木造建築の可能性を探る取組みが進んでおり、今回のセミナーでは,高層純木材高層建築に挑戦する大林組の辻靖彦氏をお招きしプロジェクトの概要を伺うとともに,木の持つ力に魅了され,その持続可能な市場形成の理論的基礎付に取り組んできた分野第一人者の東京農工大学名誉教授の服部順昭氏を迎え,高層ビルの木質化について、また高層木造建設の意義や文化的意味などを学ぶ機会とします。
日時
2022年9月22日(木)16:00~17:30
形式
オンラインセミナー(ZOOMウェビナー)
ZOOMに接続できない方のためにYouTube配信を予定しております。
話題提供者
辻 靖彦氏(株式会社大林組 設計本部本部長室 木造・木質化建築PJチーム部長)
服部 順昭 氏 (東京農工大学 名誉教授)

 

…続きを見る