活動レポート

イブニングセミナー

第2回イブニングセミナー モビリティ新時代  空飛ぶクルマが未来を拓く

 2022年7月12日、第2回イブニングセミナーが参集型とオンライン型のハイブリッド形式で開催され、90名を超える参加者が集まりました。講演とパネルディスカッションの2部構成で、「空飛ぶクルマ」の現状、将来像とその課題について議論がなされました。
 第1部では、鈴木真二氏(東京大学名誉教授・未来ビジョン研究センター特任教授)より、利便性とリスク、また型式証明の取得や騒音などの課題について講演をいただきました。中井 佑氏(テトラ・アビエーション(株))より、「個人販売向けの実験的市場」から「事業者向けの量産的販売市場」へマーケットを広げていく技術開発(実装)の取り組みなどについて講演をいただきました。佐々木康人氏(日本航空(株))より、運航管理者の強みを生かした事業化に関する可能性と展望などについて講演をいただきました。
 第2部のパネルディスカッションでは、「空飛ぶクルマ」の普及が都市のデザインに与える影響、既設公共インフラとの効果的な連携方法について議論いただきました。
 「空飛ぶクルマ」の普及に対して、まだ様々な課題があるものの、実現に向けて着実に進められていると実感するとともに、新たな交通体系として可能性を感じる貴重なセミナーとなりました。

大成建設(株) 新田直司(広報委員)

パネルディスカッション(左より 佐々木康人氏、中井 佑氏、鈴木真二氏)
パネルディスカッション(左より 佐々木康人氏、中井 佑氏、鈴木真二氏)